まだまだ…/川端さくら

一年前の「死ぬ家」以来、古民家芝居2度目の川端です。
今回はメンバーが想像以上に多く、意外と早替えも多い・・・気がします。

まだ全貌が明らかになっていないので何ともですが、
予想していたことと全く違うことが稽古中でも次々起こります。

あれ、これって・・・え・・・ほんとに?

え、そこまでやる?

あああ~~~そうね、げんこつだもんね!

・・・みたいなことが繰り広げられております。
出演者でも未知なことがまだまだ隠されてます。

どうかどうかこれ以上恐ろしいことになりませんように。

今のところ、だいぶ恐ろしいです。
あと、やっぱりすごくヘンテコです。

ぜひぜひ、その目でお確かめくださいあそばせ・・・・。

S__39346185

お待ちしております!/望月文

稽古場日記をご覧の皆様、こんにちは!
いつもお世話になっております、望月です。

今回は1ヶ月ほど遅れての稽古参加となりまして
今日で2回目、とにかく台本読みまくりです

初日は結構緊張していたらしく、
翌朝起きたらアゴが筋肉痛になってました…なぜ(笑)

さて、今回の「コミュニティ」
稽古場はいつものわいわいな感じですが、
芝居の内容はミステリーホラーなんですよね、
しかも古民家で。雰囲気バッチリですね。

子供の頃に心霊写真の本読んで夜寝られなくなったクチの私なんぞ、ちょっとドキドキしちゃいますが、
そこはげんこつ流ですから一筋縄ではいきませんですよ、楽しみ、楽しみ!

そして参加型って事は、お客様も気が抜けないって事ですね…
皆様もアゴの筋肉痛にご注意ください。

5月26日〜28日、おかっぱちゃんハウスでお待ちしております!

S__45088772

番外公演!?/植木早苗

どうも、植木です。

番外公演ってなんなんですかね。
かけるエネルギーとパッションは本公演と少しも変わらないのにね。
なんだかチョチョイとやっちゃったりなんかして、みたいな印象を受けるのは私だけでしょうか。

てもご安心ください。
全力投球ですから。

きっといわゆる本公演とやらでは、
やらないこと。
やれないこと。
やりたくないこと。
なんかをやってみたりやらなかったりするものを番外公演とよぶのでしょう。

だからいつもとは少し違う角度からみたげんこつ団をおおくりできると思ったり思わなかったり。
まあ、参加型だしね。

参加型ってなんだ!?

まあ、兎にも角にも小さな空間で濃厚で濃密な時間をお楽しみいただけたらと。
節目の25周年記念公演を迎えたあとの一発目。

ご期待くださいませ。

S__4096030

稽古日記始めます/一十口裏

皆さま、お久しぶりでございます。一十口です。

この度、げんこつ団は、初の番外公演をやります。
過去、総集編や秘密公演はありましたが、番外公演は意外にも、初です。
満を持しての、番外公演であります。

「初」だし「番外」なのでそりゃもう、普段の公演とは、諸々と違います。
まず「古民家」です。そして「ミステリ」です。さらに「参加型」です。

せっかくなので、古民家ならではの作品となります。
せっかくなので、ミステリも単なるパロディではありません。
せっかくなので、お客さまと、差しつ差されつ、差し向かいです。

作品のおおまかなイメージとしては、
八つ墓村+犬神家+モンティパイソン
八つ墓村+犬神家+吉田戦車
八つ墓村+犬神家+ファンタジー
そこに更に「お客さま」が足されたり引かれたりする、と、思ってくださいませ。

キャストは総勢12名。
古民家公演としては多いと感じられるかもしれませんが、
しかしそこはげんこつ団。そしてなんせコミュニティ。
それでもうっかり、足りなかったりします。
必要に応じて躊躇なく、一人何役もこなします。

団員の、植木早苗、春原久子、大場靖子、河野美菜。
げんこつ常連客演の、望月文、川端さくら(乙女装置)、三明真実(アリエス)。
げんこつには久々のご出演、伊藤美穂、津波恵。
前回げんこつに初めてご出演頂いた、遠藤弘章(東京タンバリン)、中山裕康。
去年の私の個人企画にご出演頂いた、辻崇雅(10・Quatre)。

以上、12人12様の、素晴らしいメンバーであります。
このメンバーで、只今鋭意稽古中であります。
その皆さまの詳しいご紹介は、またの機会に。

今後、皆の稽古日記を始めます。
是非是非、御チェックくださいませ!

サイト用