ラブ&ピース/遠藤弘章


げんこつ団にもう二度と出ることはないのかな。
何年か後の記念公演にまた出られたらいいな。
このブログ記事書くの遅れちゃったな。
また出してくれないかな。
このブログ記事書くのかなり遅れちゃったな。
フィリピン飛ばなきゃ駄目かな。
と思っていたら、まさかの番外公演ということで
今回出演出来る事になりました。遠藤(♂)です。

番外公演ということで、本公演とはまた違った雰囲気もありつつも
結局げんこつ団は、一十口裏さんは、ラブ&ピースを
世界に訴えたり訴えなかったりしたいんだ
あとブログ記事書くの遅れちゃったな。
と、個人的に勝手に一方的に強く日々思っております。

ある一族の、あるコミュニティの、親子の、兄弟姉妹の、親友との、異文化との、ご近所さんとの、、、
とてもとても愛に溢れた作品になっております。
相も変わらず、一見訳が分からなかったり、一見ゆがんだ愛憎劇だったり、ブログ記事書くの遅れちゃったり、一見ミステリーでホラー調な装いをした作品ですが
芯の所にあるのは、結局は、ラブ&ピースな訳でございます。

今回参加型ということもあり、ブログ記事書くの遅れたり、お客様に運命が委ねられたりなんだりかんだりする訳ですが、どうか肩肘張らず、ブログ記事は遅れずに
ありのままの状態で、同じ空間、時間を
36年に一度のおかひじき祭りを
一緒に盛り上げて下さいませ。

げんこつ団「コミュニティ」は、古民家とは思えない程の出演者数(登場人物数)でお送り致します。
皆々様におかれましても、古民家とは思えない程の溢れんばかりのお客様数(参加数)で、見守って頂けたら幸いです。

是非来て下さい!ブログ記事書くの遅れちゃった事とともに
ただただ頭を垂れて、お願いしまっす!

※写真は頭を垂れる中山さんとそれを受ける大場さん。